糖質制限で体重が落ちやすい理由と注意点

ライザップでは、「炭水化物抜き」「糖質制限」を主体としたダイエットを行います。

ライザップの認知度が高まったことにより、世間的にも「炭水化物抜きダイエット」がすごく流行っていますよね。

「炭水化物を抜いただけで2週間で4kg落ちた」
「糖質制限が一番即効で体重が落ちた」

などという声もよく聞かれます。

なぜ糖質制限は体重が落ちやすいのでしょうか?

そして、そこにはどんな注意点があるのか?

今回は、この点について解説します。

糖質はエネルギー=水を蓄える

炭水化物とは、糖質と食物繊維が結合したものです。
つまり、糖質制限をするなら炭水化物も制限する必要があります。

この糖質は、知っての通り人間の身体のエネルギー源となるものです。

糖質は、体内では「グルコース(ブドウ糖)」という物質に分解されて、血液に乗って全身に運ばれ、エネルギーとして消費されます。

血液中のグルコース濃度の事を「血糖値」と言い、人間の身体は常に血糖値を一定に保つ働きがあるので、余分なグルコースは肝臓や筋肉に貯蔵されています。

肝臓では、グルコースがいくつか連結した「グリコーゲン」という物質が合成され、血糖値が下がってくると肝臓のグリコーゲンが溶け出して血液中にグルコースを補給します。

肝臓に蓄えられているグリコーゲンを「肝グリコーゲン」と言い、それとは別に筋肉中に蓄えられているグリコーゲンを「筋グリコーゲン」と呼びます。

筋グリコーゲンは、筋肉が動くために欠かせないエネルギー源で、筋肉は自分が動くためのエネルギー源であるグルコースを、筋肉中に蓄えているのです。
そして、グルコースの他にも筋肉が動くために欠かせないが「水」です。

人間の身体は7割が水分で出来ているように、身体の機能を正常に働かせるのには水が欠かせません。
グルコースには、この「水を蓄える」働きもあるのです。

筋肉中のグリコーゲンは、1gにつき2~3gの水分を蓄えると言われています。
つまり、筋肉中のグリコーゲンが増えれば、筋肉中の水分も増えるということ。

「筋肉は脂肪よりも重い」とよく言われますが、筋肉の重さの約7割は水分の重さです。

これに対して、脂肪組織は筋肉のように活発に動く必要が無いため、脂肪の重量の内の水分は約2割です。

なぜ筋肉は脂肪よりも重いのかというと、筋肉は脂肪よりも水分を豊富に蓄えられるからなのですね。

糖質制限で水分が抜ける

ダイエットの為に糖質制限を行うと、当然体内のグルコースが不足してくるため、身体は糖新生によってアミノ酸からグルコースを生成します。

しかし、糖質を直接食べるよりはエネルギー効率に劣るため、身体は慢性的にグルコース不足の状態になります。
そうなれば、どこかのグルコース配分を減らさなくてはいけません。

人間が生きるために最も重要な器官である「脳」「心臓」「肝臓」などの重要な臓器にグルコースが優先的に割り振られ、最低限あれば十分な筋グリコーゲンはかなり削られます。

すると、筋肉中のグリコーゲンが減量、つまり筋肉中の水分が減少するため、筋肉の重量は急激に落ちます。
これが「糖質制限で即効で体重が落ちる」理由です。

糖新生で筋肉が分解される

糖質制限で筋肉の重さが減るのは、単に水分が抜けるからだけではありません。

糖質制限しても、タンパク質を十分に摂っていればグルコースは不足しない事は、こちらの記事で解説しました。

ではタンパク質を十分に摂れていなかったら?
その時は、筋肉を分解してアミノ酸が取り出されます。

筋肉を分解して取り出したアミノ酸で糖新生を行うことにより、生きるためのグルコースを確保するのです。
このため、筋肉はドンドン萎縮していってしまいます。

筋肉が萎縮すれば、当然体重は落ちます。
でも、これは喜んで良いことでは無いですね。

筋肉の減少は代謝の減少に直結し、リバウンドの可能性がどんどん高まっていくからです。

糖質制限は素人には難しい

ライザップでは、この糖質制限の仕組みを徹底的に研究し、東大医学部などとも連携して効果的なメソッドを開発しています。

糖質制限をすればすぐに体重は落ちますが「最初の1~2週間は水分が抜けただけ」という事をしっかり理解する必要があります。
このため、ここで一喜一憂せず、筋肉を落とさないためにしっかり筋トレし、タンパク質を多く摂る必要があります。
しかし、当然タンパク質も摂りすぎれば太ります。

ライザップでは、経験豊富なトレーナーと、これまでに積み重ねた実証データを元に、クライアント一人一人の最適な食事量を見つけ出し、それを指導してくれます。

また、例えば体脂肪率が25%を超えているような肥満の人の場合、身体にエネルギーの備蓄が相当あるので、糖質制限をしても体脂肪をエネルギーにして運動を続ける事が可能ですが、
逆に体脂肪率が15%を切った状態からさらに絞りたいというような場合は、ある程度食事からも糖質を摂らないと、どうしてもグルコース不足に陥ってしまいます。

このように、各個人の体型、目的に合わせて、決して「糖質制限一辺倒」にならずに、最適な食事プランを作成するのが、ライザップの強みです。

糖質制限にはネガティブな意見も多いですが、それはやはり「素人には難しい」という面があるからだと思います。
しかし、ライザップのように専門家の指導を受けられる場合は、糖質制限は非常に効率の良いダイエット法なのです。